礼 拝       
トップページへ  
を高くあけよう。主のみ声にしたがい、
ただ主のみを見上げて、心を高くあげよう。


主から受けたすべてを、再び主にささげて、
きよきみ名をほめつつ、心を高くあげよう。
(讃美歌第二編1番の1、3節)

 
礼拝は毎週日曜日の10時15分からです。
ご一緒に神の言葉に耳を傾けましょう 

  礼拝とは 

礼拝は毎週日曜日にささげられます。
日曜日にささげるのは、この日に主イエス・キリストが復活されたからです。
わたしたちはこの喜びの日に神さまと向き合い、神の言葉に自分をひらきます。
その時わたしたちは、わたしたちを縛りつけているあらゆる支配から解き放たれ、望みと力とに満たされるでしょう。
わたしたちの一週間の生活はここから始まります。
そしてまたここに帰ってくるのです。

  礼拝のプログラム 
 
礼拝はわたしたちにとって何よりの喜びの時です。
次のような意味を込めて礼拝を大切に守っています。



奏  楽

《神の招き》

招  詞  礼拝のための招きの言葉が告げられます

《悔い改め》
罪の告白   聖書の言葉により神の前に罪を言い表します
罪の赦し  聖書の言葉によって罪の赦しが宣言されます
歌 
《神の言葉》
祈  祷
聖書朗読 
 旧約聖書と新約聖書が朗読されます
祈  祷  神の言葉を聴くための祈りが捧げられます
  
説  教  聖書の言葉が説き明かされます
祈  祷
   神の言葉を受け入れるための祈りです
《感  謝》

信仰告白 
 神の言葉に使徒信条によって応答します   信仰告白
式  月に一度行われる恵みの礼典です
献  金 
 神から受けた恵みへの感謝のささげものです。
      ご用意のない方はなさらなくても結構です
とりなし  
教会と世界のために祈りがささげられます
主の祈り  キリストが教えてくださった祈りです    主の祈り
《派  遣》
公  告  
頌  栄  
神の栄光をほめたたえる歌をうたいます
祝  祷
  神の祝福を祈り求める言葉が告げられます
派  遣
  世の生活に派遣される言葉が告げられます
後  奏 
 
 

 

 
  日本キリスト教会信仰の告白(口語文) 

わたしたちがしゅとあがめるかみのひとりイエス・キリストは、まことかみでありまことひとです。しゅは、かみ永遠えいえん計画けいかくにしたがい、ひととなって、人類じんるいつみのため十字架じゅうじかにかかり、完全かんぜん犠牲ぎせいをささげて、あがないをなしとげ、復活ふっかつして永遠えいえんのいのちの保証ほしょうあたえ、すくいの完成かんせいされるまでわたしたちのためにしてくださいます。
 かみえらばれてこのすくいの御業みわざしんじるひとはみな、キリストにあってみとめられ、功績こうせきなしにつみゆるされ、かみとされます。また、ちちとともにあがめられ礼拝れいはいされる聖霊せいれいは、しんじるひと聖化せいかし、御心みこころおこなわせてくださいます。この三位一体さんみいったいなるかみめぐみによらなければ、ひとつみのうちにんでいて、かみくにはいることはできません。
 きゅう新約聖書しんやくせいしょかみことばであり、そのなかでかたっておられる聖霊せいれいは、しゅイエス・キリストをあきらかにしめし、信仰しんこう生活せいかつとのあやまりなき審判者しんぱんしゃです。
教会きょうかいはキリストのからだ、かみされた世々よよ聖徒せいとまじわりであって、しゅ委託いたくによりただしく御言みことばつたえ、聖礼典せいれいてんおこない、信徒しんと訓練くんれんし、わりのそなえつつ、しゅられるのをのぞみます。
 古代こだい教会きょうかい聖書せいしょによってつぎのように信仰しんこう告白こくはくしました。わたしたちもまた、使徒的信仰しとてきしんこう伝統でんとうにしたがい、讃美さんび感謝かんしゃとをもってこれをとも告白こくはくします。

(使徒信条)
 わたしは、天地てんちつくぬし全能ぜんのうちちなるかみしんじます。わたしは、そのひとり、わたしたちのしゅ、イエス・キリストをしんじます。しゅ聖霊せいれいによってやどり、処女おとめマリアからまれ、ポンティオ・ピラトのもとでくるしみをけ、十字架じゅうじかにつけられ、んでほうむられ、陰府よみにくだり、三日目みっかめ死者ししゃのうちから復活ふっかつし、てんのぼって、全能ぜんのうちちなるかみみぎしておられます。そこからて、きているものんでいるものとをさばかれます。わたしは、聖霊せいれいしんじます。せいなる公同こうどう教会きょうかい聖徒せいとまじわり、つみゆるし、からだの復活ふっかつ永遠えいえんのいのちをしんじます。アーメン  
 日本キリスト教会信仰の告白 

らがむる独子イエス・キリストは、にして永遠なる経綸に従い、となりて人類のため十字架にかかり、犠牲をささげて成就し、復活して永遠生命保証をあたえいの完うせらるるまでらのために執成し給う。おほよそびをけ、このいの御業ずるは、キリストにりてめられなくしてしを、神の子とせらる。また父と子とともにめられ礼拝せらるる聖霊は、ずる聖化し、御意わしむ。この三位一体なる神の恩恵によるにあらざればにたる人、ることを得ず。新旧約聖書は神の言にして、そのうちに語り給う聖霊は、主イエス・キリストを顕示し、信仰と生活とのりなき審判者なり。教会はキリストのされたる世々聖徒りにして、委託により、正しく御言え、聖礼典を行い、信徒訓練し、りのえつつきたりうをむ。いにしえの教会聖書りて告白文れり。我らもまた使徒的信仰伝統い、讃美感謝とをってこれを告白す。

(使徒信条)  我は、天地
創造主全能なる神を信ず。我はその独子らのイエス・キリストをず。聖霊によりてみごもられ、処女マリヤより生れ、ポンテオ・ピラトのもとに苦難を受け、十字架につけられ、にてられ、陰府にくだり、三日目死者のうちより復活し、にのぼりて全能の父なる神の右う。かしこよりたりて、けると死にたる者とをわん。我は聖霊ず。聖なる公教会聖徒わり、し、復活永遠生命ず。アーメン 

  主の祈り 

天にまします我らの父よ、
願わくは御名をあがめさせたまえ。
御国を来らせたまえ。
みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。
我らに罪をおかすものを、我らが赦すごとく、
我らの罪をも赦したまえ。
我らを試みにあわせず、悪より救い出したまえ。
国とちからと栄えとは、
限りなく汝のものなればなり。    アーメン 
 
 
      

日本キリスト教会札幌琴似教会

〒063−0842 札幌市西区八軒2条西1丁目3−1
牧師 久野真一郎

伝道開始 1930年  教会創立 1949年7月24日